読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お一人様介護〜母と私と犬一匹

ホンネno介護ーお一人様は何時でもいっぱいいっぱい

一人介護のホントのところ

どなたかの投稿に、「介護する者が正直なところ、他者から言われたくない事」というのが有りました。

全くの同感でした。

 

介護の大変さ辛さは経験者にしか解らない事です。

だからこそ良かれと思って言っていたとしても、それはホントのところ介護する者の心情に寄り添えるものではないのです。

 

それは、これです。

本当によく言われることであり、そして介護する者にとっては言われたくない事なのです。

①頑張って

②無理しないで

 

もう充分、いや身体にムチ打ち十二分に頑張っている。

それでもまだ足りないと云うのか、という気持ちになってしまうのです。

もちろん声をかける人は励ましだけで、そんなつもりない事は解るのですが、心情は複雑なのです。

 

私が、頑張って以上に言われたくないのは 「無理しないで」です。

では、私が無理をしないで、誰が介護をするのか。

代わりにやってくれるとでも云うのか。

食事、着替え、洗面、排泄。

全て待ったがきかないものばかりです。

自分の体調が悪かったとしても、やらずに放置して置く事はできないのです。

自分の事は後回しにして、無理してやらなければならないのが介護です。

 

 

体調不良で

昨日から急性腸炎で絶不調に。

同時に母の状態も悪く、車椅子の手配や病院への送迎、受診と全てケアマネさんが動いてくれました。

 

ケアマネさんには感謝なのですが、母のベッドからの立ち上がり、オムツ変えや車椅子への乗り移りなど、ただでさえ重労働な介護が体調不良になると厳しさを痛感します。

 

今まで寝込んでしまっていたので、これから母の明日の食事を準備します。
まだ復調していませんが、一人での介護の辛いところです。

今朝の母

日々、認知症の母の状態は変化します。

また、身体の状態も歩けなくなったり、急に立てなくなったり。

一日の中でも朝と昼、夜で大違いなことも。

 

ケアマネさんと常にどうするべきか対処を考えますが、変化が激しいので追いつかない事もしばしば。

そんな時にデイから指摘や注文があるとこちらのストレス度は一気に上がります。

昨日、デイとのやり取りで憤りとストレスが増していた私に対し、今朝の母は かつての本来の母だったのです。

 

「迷惑を掛けるよね。

私、施設に入ってもいいからね。

そうすれば負担掛けないし。

それにね、お風呂だって施設のお風呂は大きくて気持ちいいから。

あと友達や話相手もたくさんできるでしょう。」

 

認知症を発症する前の、もう忘れかけていた、かつての母だと思いました。

デイはデイで

たった今、デイに出掛けた母。

起きて最初のお言葉は、

「今は何月だっけ?」

 

デイの日は安心できるものの、支度やら送り出しやらで大忙し!

母の部屋に入ると、

ありましたよ〜

汚れたリハパンの放置。それも3つも。

 

どうしてもゴミ袋に入れてくれない母。

臭うし、周囲は汚れるし、不衛生だし、そこへ我が家の一匹が入り込むとクンクン嗅ぎまわりイタズラして、もう大変!

 

一人だと収拾つかず、とにかく右へ左へバタバタ、バタバタ(泣)

 

 

 

 

ホンネno介護ーひとりはつらい

一人で親の介護をする人は、どれくらい居るのでしょう。

調べても容易には出て来ません。

それは国や行政も、そこまでの実態が掴めていないからなのでしょうか。

 

認知症高齢者は65歳以上人口10%、260万人以上にはなっているそうです。

また、それに連れ実の親の介護を放棄するケースも増えているという悲しい現実があります。

「そんなことって⁉︎」

身近にありました。

 

私の兄、そう、長男です。

彼の理論はこうです。

「長男が看なければならないという決め付けは不公平だ!」

そして何一つせず、金銭的補助も一切せず、でも遺産は取り分をキッチリ持って行く。

これでは長男云々を語る前に、貰うものだけ貰って、あとは全てを放棄したろくでなしでは?

 

いえ、言いたいのはお金の問題ではないのです。

気持ちの問題です。

 

「妻があり、子供の面倒をみて、仕事があるんだ」と兄は言います。

世の中の大半がそうですよね。

因みに子供2人はもう高校生と既に卒業して好きな事をやっているフリーターです。

 

「妻の母親だって 看るんだから」

なんか変です。

兄嫁は一人っ子ではなく、これまた兄が有るのです。

そしてその妻の母親とは同居すらしていません。

兄の言う「看る」とは何を意味するのでしょうか。

よく解りませんが、もう何だか子供の言い訳みたいです。

 

そこで、もはやこれ以上の言い合いで無駄な時間は使わない事にしました。

私も企業の管理職としてフルに働く身での介護ですから、戯れている時間は無いのです。